● 第5章  ネットビジネスで成功を掴む! Vol. 31

先ず、ネットビジネスで成功するのが至難の業で有る事はだんだん分かって来たと思います。世の中には、毎日星の数程の情報が飛び交っています。ネットビジネスの世界も同様です。そして、自分にとって好都合なビジネス情報とタイミング良く出会えるかどうかはまったく未知数です。実際、この難関をどうやって搔い潜って行けば、ネットビジネスで成功に近付く事が出来るのでしょうか? 整理すべき点。

① 自分が追い求めている情報の内容を整理する。
② どの様な内容のビジネス情報と出会えれば、実践と利益に結び付ける事が出来るのか?
自分に合った資金力、時間的制約(拘束時間)、作業能力の範囲を把握する。

多くの方がネットビジネスで成功出来ないと言われている事には、ある程度明確な理由が有ると思います。私を例にして言えば、「作業自体にも辿り着けない状態で諦めてしまう」ケースも有るのでは無いかと思います。その原因とは結局のところ、「良い物ねだり」をしているからに他なりません。そして資金に余裕が有る限り「良い物ねだり」は続いて行きます。これは、ネットビジネスと言う世界に出会い、興味を持ってしまったからには逃れる事の出来ない試練なのです。真面目で几帳面、完璧主義の性格の持ち主程、ドンドン自分に合った完璧な情報を求めて深くのめり込んでしまいます。情報を販売している専門業者側も、どの様なネタやビジネスであっても、会社の威信をかけて儲かる情報商材として情報を進化させて行きます。そこには、情報を買う側と売る側の強烈なせめぎ合いが起こっています。

しかし、そこに最悪のケースが起こります。それは、高額な情報商材(数万円~数十万円)で資金繰りが厳しいにも関らず「良い物ねだり」を繰り返す負のスパイラルが発生してしまう事です。一度その負のスパイラルに陥ると借金地獄になる危険性が大です。そして、毎日毎日恐ろしい数のアフィリエイターからの紹介メールが、メールアドレスの登録を繰り返す度受信箱や個人ホルダー、迷惑メールホルダーに溜まり続けて行くのです。「あなたには、毎日の本業の仕事を抱えながら、その様なメール全てに目を通す時間が有りますか?」負のスパイラルに陥った真面目で几帳面な人ほど、メールの確認作業(泥沼の世界)から抜け出す事が難しいです?確かに新しいメールを一つ一つ確認する作業が、何よりも楽しく生きがいが感じられる時が有ります。それが新鮮で価値のある情報を追い求める過程では、何物にも代え難い貴重な時間に感じられます。しかし、現実的に考えて、毎日の時間に追われるサラリーマン生活の中でその様な時間的余裕が有りますか?実際問題、情報収集だけで一日が終わってしまっているのでは無いですか?毎日の生活の中で一つの情報商材を手に購入してしまっても、時間に追われたサラリーマン程作業に取り組める余裕が持てないのでは無いでしょうか。例え、一旦やる気を出して作業に取り組んだとしても、また何処からとも無く吹いて来る風のささやきで、何時もの如くメールと新しい情報の確認作業に追われてしまうのです。そして、「この前買った高額な情報商材」でさえ気が付けば「過去の遺物」と化されてしまうのです。この様なメールと情報の確認作業だけで一日が終わってしまう負のスパイラルの中にいては、何時まで経っても一つの情報に真剣に取り組む時間が作れません。良い情報を探す事は勿論大切な事ですが、「今一番するべき事は何ですか?」「それは、情報を探す事よりも、情報に取り組む事では無いですか?」良い情報を追い求める探求心は、誰しもの全ての人の一生の課題ですので、それはそれとして、ゆっくり時間の余裕が有る時に行えば良い事ですが、情報を購入した以上は先ず何を優先して行うべきかを第一に考えるべきです。そして、情報商材を購入した以上は、とことんその情報に向き合うべきです。その為にも、多少の時間は無理をしてでも作りましょう。「時間が無いから出来ないでは無く、時間は作るべきものなのです。」

そして、ここからが当たり前だけど重要な提案です。先ずメールホルダーは毎日徹底的に整理しましょう。
受信箱に入ったメールをただ片っ端から読みふけるだけで無く、メールのホルダー分けをしっかりと行う事が重要です。そして、メールの内容や情報の種類、アフィリエイターに優先順位を付けランク分けします。★☆●〇▲△等で印を付けても良いです。メールホルダーを毎日見ていると、いつの間にか全然知らないアフィリエイターからのメールが入り出している事が良く有ります。情報商材を一つ購入すると、そのメールアドレスはランクが一段階も二段階も引き上げられたかの様に、新しい情報が届き始める事が良く有ります。そして、「この人は情報を買ってくれる優良顧客です」と言わんばかりに、何処の誰とも知れないアフィリエイターから新種のメールが入り始めます。気が付けば、最初真っ新だったメールアドレスも全くの赤の他人に勝手に知れ渡り、ぐるぐると使い回され始めてしまいます。一度こうなってしまえば色んなところから際限無くメールが来てしまいます。出会い系サイトの勧誘や金融関係のメールも入って来ますし、プロの詐欺集団のメールだって入って来ます。詐欺グループもネットビジネス愛好家の集まる場所を結構ターゲットとしています。お金の動く場所には必ず入り込んで来て餌食にして行きます。

話が少しそれましたが、この様な状態だから、何時まで経っても貴重な時間が毎日新着メールと新しい情報の確認作業だけで終わってしまうのです。だから先ずメールホルダーを整理しましょう。必要なメールとそうで無いメールの差別化を計りましょう。必要でないメールは徹底的に排除して、大切なメールだけ見る様に心掛けましょう。迷惑メール内にも時々大切なメールが入り込んでいる場合が有るので、大量のメールが溜まってしまう前に大切なメールを見つけ出し、しっかりホルダー分けをして不必要なメールは全て削除する習慣を付けましょう。こうする事によって、あなたの大切なメールアドレスが長く生き続けると同時に全ての情報が整理され、あなたの頭の中も整理され大切な作業に少しずつ時間が取れる様になって来ると思います。これが情報商材で成功する大きなステップに成ると思います。多すぎる情報に振り回されない事が、成功への近道になると思います。

vol. 30へ(第4章)

vol. 32へ

スポンサードリンク