● 第4章  インターネットは危険がいっぱい! Vol. 30

 実は、私は過去に数え切れない程の詐欺に会っています。良く他人からは、「君は人が良すぎる」と言われます。私は、身の回りの物全てを「正しい=善=全ての話は本当」と「何でも信じ過ぎ」と言われます。「ネットの世界には儲かる話がいっぱい=他人は常に正しい事を言っている=他人の嘘を見抜けない=詐欺に会う」こう言った流れで騙されてしまうのです。過去の詐欺被害に付いては、腹が立つと言うよりも情けなくなって来るので余り思い出したくありませんが、その一部を今回恥を凌いでご紹介したいと思います。私が過去に会った詐欺被害の中身です。参考程度に読んでみて下さい。

① 「金融振り込み詐欺」かなり前の話ですが、約15年程前の未だサラリーマン金融が大手を振るっていた頃の出来事です。私は会社の同僚に騙され借金地獄のど真ん中でした。そのころ、安い金利でお金(高額)を融資してくれる会社のチラシを見かけ融資を申し込みました。その会社は、審査の通らないブラック状態の私に審査の通る会社(一般的に名前の通った金融会社)を紹介してくれました。そのような審査の甘い金融会社二店舗で、事前に相手の言う通りの審査の受け答えで無事に審査を通り、合計45万を借りる事が出来ました。私が騙された会社には最初500万円の融資を希望していたので、返済の実績を付ける為に借りた45万円をそこの会社の口座に振り込む様に指示されました。私は500万円の為なら仕方が無いと思いその45万円を相手の口座に振り込んでしまいました。その後、融資日になっても一向に銀行の残高が増えてないので先方に連絡を取ったところ、電話の回線が不通になっていました。この手の詐欺に二回連続で引っ掛かりました。

② 投資競馬詐欺 Almighty(オールマイティ)と言う名の予想会社でした。あなたは、インペリアルプランの抽選会に於いて見事10人の枠に当選されました。あなたには、A.1300万円分の配当金の保障と予想が万が一外れた場合の代金全額返金保障、B.10レース分の有料情報の無償提供、C.確定申告時に税金対策の為100万円をお渡し致します。と美味しい話を並べられ、先ず最初に手数料の一万円を支払いました。相手とは一週間に一度は電話で話をし、約4か月の間レースの日程調整の話などを事細かに話していたのですが、結局は予想配当金の額が変わる度に情報代金が釣り上げられて行き、総額で39万円もの金額を騙し取られてしまいました。レース予想日の契約書も文書で交わし、レース予想も受け取りました。しかし、夕方になりレース予想が外れているのが分かった時点で、「レース不適中により会社が倒産しましたので、返金保障は全て無理になりました」等とくそ丁寧なメールが一通だけ届いていました。

③ Jドリームと言う名前のIT関連の投資会社に騙されました。そこの会社は、大手IT企業Googleが立ち上げた、システム開発を専門に行うグループ企業の日本法人だと名乗っていました。その会社が行っているシステム開発のそれぞれの案件に、出資者が個別に出資する事で高利回りの配当が得られると言う触れ込みでした。それぞれの案件事に異なる出資プランを定期的にメールで案内し、会員から出資参加を斡旋する内容でした。出資希望者は自分の懐具合と希望利回り(配当金)に応じて、希望口数の金額を指定された口座に入金するシステムでした。注文の受付も毎回相手の電話対応で行われ、会員に振り込み口座が伝えられました。配当金は、約二週間後から長くて40日後には振り出されると言う事で、一つの案件で参加者を募った後、前回の配当金が支払われる迄にまた次の案件が紹介されて来て、期間内に出来るだけ多く連続で騙し取ろうとしていた見たいです。それぞれの案件の内容も、IT関連開発の非常に専門的な内容の文章で書かれていて、その業界にある程度精通した知識を持っていないと書けない内容の文章で毎回投資案件が紹介されて来ました。人を騙す為にそこまで勉強して知識を見せびらかすんだったら、もっと真面な生き方をすれば良いのにと思ってしまいます。でも結局は、二回の連続案件の振り込みで合計15万円騙し取られてしまいました。

④ パチンコ・スロット打ち子詐欺は、迷惑メールを良く見ていると、誰のメールにも良く入って来るパチンコ・スロット打ち子の詐欺グループに騙されました。奴らは参加者に数十万円の頭金を先に振り込ませ、参加者の住む地域のパチンコ店を顧客に案内しています。あたかも自分たちが仕掛けた機種(パチンコ・スロット機を自由に操作できるCDロムが入った機種)がパチンコ店に設置してあり、その指定の台でプレイする様に指示してきます。打ち方の手順は予め渡されたマニュアル内で決められており、決められた手順でプレイする事により確変が引き寄せられると説明しています。会員には彼らの支持通りに指定のパチンコ・スロット機を打たせ、回収金額の一部をそこの会社に振り込む様に指示して来ます。そうする事により又次回もそこの会社から情報提供が受けられると言う流れになっている様です。私は、パチンコ・スロットには余り興味が無かったのですが、ツイツイお金儲けの為と思いやってしまいました。しかし、相手に支持を受けた手法でプレイしても回収が出ず途方に暮れていた所、また別の打ち方を有料で提供されたりし、結構なお金をつぎ込んでしまいました。結局、そこの会社にも数十万円を振り込んだ状態で連絡が付かなくなりました。

 以上、①~④の詐欺は本当にあくどい連中でした。
詐欺の連中に共通している点は、都合が悪くなったら直ぐに電話の回線を切ってしまう事です。まだ情報商材で上手く行って無い事なんて可愛い方かも知れません。情報をしっかりと送って来てくれるだけうんとマシです。世の中には色んな所で色んな手法の詐欺が横行していますが、奴らは本当にプロです。社名を変え職種を変え、色々な手の込んだ方法で次から次へと見事に人を騙して行きます。長い時間、期間を費やして計画的に他人を次々と騙して行くその巧妙な手口は恐怖そのものです。奴らは、最初から最後まで計画的に他人を罠にハメる方法を日々模索しています。幾ら我々が気を引き締めていても、我々が気を許す場所を求めて奴らは罠を仕掛けて来ます。なので、気付いた時にはもう既に手遅れになっている場合が多いです。こんな事が連続で起こってしまうと、本当に他人や人間自体を信じる事が出来なくなってしまいます。他人に一切お金を振り込む事を止めない限りこの様な事件や被害は無くならないので、世の中の経済が回らなくなってしまいます。そして、お金を振り込む前に相手を疑う事もせず相手の話を鵜呑みにしていると、何時またこう言った詐欺に会うかも知れません。皆さんも気を付けて下さい。

vol. 29へ(第3章)◀   

vol. 31へ(第5章)

INDEXへ

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です