● 第3章  ネットビジネスでの成功は茨の道 Vol. 29

 先の章では、ネットビジネスやサイドビジネスの概略について紹介させて頂きましたが、ここからは、私の過去の経験も踏まえた私なりのネットビジネスに対する考えを主観的に述べさせて頂きます。先ず、大前提としてネットビジネスで成功するのはとても大変な事です。何故ならば、先ず第一に私の身の周りを広く見渡してみても、ネットビジネスで成功している方を見かけた事が先ず有りません。ネットビジネスの話をしても、余り興味を持ってもらえません。ネットビジネスの話をしても、大概の方はFXや株式の売買、ネットでの商品販売を連想されている方が大半です。それら以外の話をしても余り理解されていない方が殆どです。余りにも突っ込んだ話をしてみると、みんな口を揃えて言います。「世の中にそんなに美味しい話は無い」「インターネットの話は詐欺だらけ」「胡散臭い」「そんなに簡単に儲かるなら誰でも行っている」「美味しい話には絶対裏が有る」「君は何時も騙されている」「お金が掛かるんじゃ無いの?」 まるで、彼らはこの業界で囁かれている「ネットビジネスの95%の情報は詐欺である」と言ううわさや評価がしっかりと当てはまっているかの様な反応です。まるで、みんな過去に一度や二度は何らかの形で騙された事が有るのではないかと思わせる様な反応です。ニュースでは、何処かしこで毎日の様に振り込め詐欺や投資詐欺事件「〇〇商法で何十人のお年寄りが被害に会った」とか、「全国の何百人の投資家から何十億円を騙し取った」とか美味しい話に乗っかって騙されている方の人数や金額が凄い事に成っているのは皆さんもご周知の事実です。なので「美味しい話=危ない話=騙されてしまう」とお金に関わる美味しい話には、みんな相当敏感になっている様です。そりゃそうですよね!命の次に大事なのはやっぱりお金ですから。でも真面目に働いても働いても中々貯まらないのがやはりお金です。なので世の中にはズルイ事をしてでもお金を稼ごうとする異常な輩が非常に多いのです。

 では、話は変わって、一般にネットビジネスで稼ぐ事は、何故そこまで成功するのが難しいと言われているのでしょうか?教材として販売されている商品の情報内容が本当に95%詐欺だからでしょうか?勿論、情報商材と言われるビジネス情報の中には眉唾な手法などを纏めた教材なんかも有るかもしれませんが、もし仮に購入した情報商材が自分とは全く無縁な内容で有ったり、興味が全く沸かない内容で有ったり、紹介ページに書いてあった内容と全然違う複雑な手法が解説されていたりすると屈辱と挫折感を味わって精神的に続ける事が不可能になってしまいます。情報の内容には信憑性が有る情報で有っても、販売する側の説明不足と購入する側の過度な期待によって、マッチングが狂ってしまう事が多く見受けられます。私自身もその様な経験を過去に何度も繰り返してきました。そして、情報商材の売り手と買い手のマッチングに狂いを生じさせているもう一つの重要な要素は、ランディングページを書いている業者に原因が有ると思います。本来、情報商材はそれを作った本人が一番情報の内容を理解しているので、情報商材を作った当事者がランディングページを書くべきだと思うのです。しかし、世の中にはランディングページなどを専門に書いている会社が存在しています。その様な会社が商品開発の手助けから集客、販売までを一手に代行しているのです。その辺りの事情から情報の内容が少しづつ歪曲されたり、時には過度に誇張されて購入者に間違った商品の情報イメージが伝達されているのでは無いでしょうか。この様に、購入者に間違った情報の伝わり方が繰り返しされている事で、何時まで経っても収入を得られないノウハウコレクターが生み出されている訳です。又、それがネットビジネスの「95%の情報は=詐欺だ」と世間で言われている原因となっているのだと思います。

vol. 28へ(第2章)◀   

vol. 30へ(第4章)

スポンサードリンク


2 Replies to “● 第3章  ネットビジネスでの成功は茨の道 Vol. 29”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です