●「UFO Investment (5月1日より販売開始致します) Vol. 23

 本来で有れば「Vol. 17」でも述べました様に、この教材の付加価値、特に有益性、永続性、簡易性が有る事を考えました時に、この教材の価値は将来的に見ても10万円以上の価値が優に有るものと自負しております。しかしながら私が今までに購入して来た情報商材の価格は、その「情報内容」と「情報の再現性」とを比較して考えて見た場合、私の主観では有りますが情報料の価格自体が余りにも現実的では有りませんでした。そして、私の情報を冷静に見詰め直して見た場合、情報内容を精査すればするほどまだまだ安価にすべきだと言う結論に達しました。よって、今回の私の教材の価格を数字で当て嵌めますと三万円位が妥当な線では無かろうかと考えました。しかしながらそこで一つの問題が浮上します。私はこうやって生まれて初めて情報商材を発行する事となりました。前半のブログをお読みの方はご存知と思いますが、私は以前友人と計画していた「競輪予想業」において使用する会員マニュアルを「情報商材」として纏め上げASPに登録しました。しかし、ホームページの完成を後一歩に控えたところで挫折してしまい「競輪予想業」を断念した経緯があります。今回はたった一人で全ての作業を殆ど同時進行で進めてまいりましたが色々と困難だらけな状況でした。そして、私の商品を販売する為の集客方法をホームページにしようか、ブログにしようか、メルマガにしようか、掲示板にしようかと色々悩みました。資金も既に底を突きこれ以上のお金をビジネスに投入する余裕が有りませんでしたので、取り敢えず無料で作成可能なブログを選択する事としました。 そ して、ブログを 書き始めましたがブログ自体も又宣伝しなければなりません。詰まり何が言いたいかと言うと。商品は既に出来上がっているのですが、私は集客作業がド素であり、販売を上手く軌道に乗せて行けるかどうか自信が有りませんでした。何故か商品の「価格の問題」で失敗しそうで溜まりません。それに商品価格もコロコロ変動させたくは有りません。価格を高く設定し過ぎて販売不振になったりクレームを受けたりも困りますし、逆に価格を下げすぎて利益が得られなくても困ります。クレームなんかを受けると自信を失って販売するのをやめてしまいそうです。ですから極力クレームを受けない商品の価格設定に集中しました。それに、この販売業務は全て私一人で行って行く予定です。販売を代行してくれるASPやアフィリエイターには頼らず、取り敢えずは私一人でこの商品を販売して行こうと決めました。ですから、本音を言いますとクレームの問題やサポートの問題で余り時間を割いてしまうと宣伝活動や商品発送業務に力を入れて行けなくなってしまいます。教材は電子書籍版(PDFファイル)72ページで構成されており、内容は簡潔に理解出来るように構成してあると思うのですが、私も商品が完成してから約2週間が経ち、再度私の教材を見直して見ますと、やはり私独り善がりな部分も有った様に思い始めました。其れはどのような点かと言いますと、やはり対象は英語のサイトになります。商品購入者様がどの様な心境でこの教材を手にされるかは、私には判らない部分が沢山有ります。英語が苦手であるにも関わらず購入されてしまわれる方もおられるかも知れません。又、どうしても早くお金を作りたくて非常に焦った心理状態で購入される方も有るかも知れません。しかし、私が「全てが英語で書かれている投資関連の情報(ホームページのURL)」を大量にお客様にお送りすると、どうしても頭がパニックになられる方がおられるかも知れません。初心者の方々に取っては、数字の部分は理解出来ても何が書いて有るのかを理解する迄はかなりの時間を要する為、結局は見るだけで終わってしまう教材に成りはしないかと言う懸念が出てまいりました。世の中、只でさえ情報が氾濫しております。そこへ更に多くの情報を送りつけ、「この中から役に立つサイトをご自分の努力で探し出して下さい!」と言われれば誰でもノイローゼになってしまいます。しかも「実績データの提供が受けられないビジネス」では参加する事自体がギャンブルに成りますからなお更です。私が販売する教材を一体何人の方が購入され何人の方が役に立つと感じてくれるのかは、私には全く判りません。正直自信も有りません。ですから今回の教材の価格は正味販売に掛かった諸経費(作業量)のみの値段に徹し、情報そのものの付加価値の部分までは含めない事に決めました。私も情報販売自体が始めての経験となりますので、最初から成功する事は考えず、先ずは勉強がてらに進めさせてもらおうと思います。そして、今回の教材には、私が過去四年間に集めたネットビジネス関連のツールやソフト、サイトの数々を「ビジネス役立ち情報」として解りやすくカテゴリー別に纏めました。これだけでも約二週間以上の作業時間を要しました。さらに、今回ご紹介するサイトURL以外にも「ボーナス特典」としまして、「海外のトラフィックエクスチェンジ集」、「海外ネットビジネス役立ち情報集」、「海外ギャンブル・ゲームサイト集」、「海外オンラインサーベイ集」、更にあなたのネットビジネスに直結する「特典情報」として「ネットビジネス役立ちソフト&ツール集」、「ホームページ、ブログ関連集」、「「サイトアクセスアップ集」、「ウェブサイトの広告・宣伝ツール集」、「メルマガスタンド集」、「役立ち収益系サイト集」、「国内公営競技・ギャンブル優良予想会社集」等、総勢350余りのサイトアドレス(URL)を各カテゴリー別に分類・編集したアドレス集を「ボーナス」、「特典情報」として本教材とセットでご提供致します。これが「UFO Investment」(PDFファイル版、合計72ページ)定価9,800円で5月1日(水)より販売開始させて頂きます。尚、この価格は当教材発売記念価格として年内いっぱい平成25年(2013年)中はこの価格での販売を予定しております。それ以後の価格に付いては未定です。

 最後に、もう一度この教材でお伝えする「投資の死角」に付いてお伝えさせて頂きます。このUFO Investment と言う投資教材は、実在する海外の「投資サイト」における投資方法を纏めた教材に成りますが、やはり初めてこれらのサイトを目にする方々は、其れが全て海外のサイトで有ると言うだけで無く、「本当にこれが収益系のサイトなの?」と不安になられる事が有るかも知れません。それは色々な投資会社がサイトを運営しているからなのですが、中にはド派手なサイトから超地味なサイトまで様々です。そして、一見投資サイトに見え難いサイトや、投資の利率(リターン)やプランがホームページの内部の方に記載されているような地味なサイトまで色々有ります。しかし、私が教材の中でご紹介するサイト(約80サイト)だけが全てだとは思わないで下さい。私が紹介するサイトで有っても気が付いたら消滅(サイトの有効期限が切れている)しているサイトも有るのです。以前にも話したと思いますが、私が皆様にお教えするサイトは私が検証を終えた優良なサイトだけをお教えしている訳では有りません。悪までもサンプルであるとお考え下さい。勿論優良なサイトが入っている事も考えられます。しかし、本当のサイトはたった其れだけでは無いのです。捜せば捜すほど沢山出てきます。サイトの下部や上部に「Monitor」とか「Rate」と書かれた部分があります。そこをクリックして頂けますと、日本で言うところの「レビューサイト」が出てきます。信用を第一に考えたサイト運営者は、各サイトが自らレビューサイトに登録をして自分達のサイトの評価を高めようと努力しています。その様なレビューサイトでは多くの優良サイトがまだまだ数多く眠っているのです。私も全てのサイトを探し出す訳には行きませんでしたので、これからの作業は、私がお教えするサイトアドレスを基に皆さんで多くの優良サイトを発掘して行かれる事を望みます。ですから、私がお教えする内容は、特定のサイトをレビューする様なちっぽけな内容では無く、これから長きに渡ってこの投資方法をご自分の人生の「成功法則」にされて行く為の「教材」、「マニュアル」であるとお考え頂けたら嬉しいです。英語で書かれたホームページに拒絶反応を起こされる場合も有るかも知れませんが、先ず、ゆっくり時間を掛けて慣れて行かれる事をお勧め致します。

Vol. 22へ◀  ▶Vol. 24 へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク