●「UFO Investment について (メリット)」 Vol. 21

 ご存知の通りこの投資情報「UFO Investment」は約半年の歳月を経て偶然の結末に於ける産物では有りますが、ようやく一つの「投資手法」として確立する事が出来ました。そして、未だこの投資の手法をご存知無い多くの方々にご紹介する機会を得る事が出来ました。私自身投資の専門家では有りませんので余り正確な事は判りませんが、かつて私がご紹介するこの「投資手法」を何処かのどなたかが販売された経緯が有るのか無いのかは私には知る由が有りません。しかし、多くの方々が未だこの投資手法については無知である事は否め無い事実です。私がご紹介する「投資手法」は既存のネットビジネスからは隔絶された場所に存在するとても希少価値の高い情報で有ると言えます。只、希少価値が高いと言いましても、私からの投資の実績データを提供出来ない事も事実で有りますので、そこにはギャンブル的要素が十二分に存在する事になります。この様な状況に位置付けられた「投資情報」で有りますから今回は「投資の攻略本」と言う位置付けから「投資の参考教材」と言う位置付けに趣を変更して販売させて頂こうと思います。そして、販売価格も幾分安価にする為の検討も十二分に重ねて来ました。このブログの冒頭では「二万円台を予定しております」と言うフレーズを見掛けられたかと思います。私がご紹介する希少サイトの数々は一般のサラリーマンなど一日の大半を多忙に過ごしておられる方々には、プライベートでどの様にインターネットを使って検索しようが絶対に出合う事の無いで有ろう海外の有益サイト情報になります。例え、インターネットに興味を抱き、副業関連、ネットビジネス関連の検索を一日中繰り返したとしても、そのサイトの欠片すらヒットする事も無い類まれな希少情報で有ります。ましてや海外の、しかも英語によってのみ検索可能なサイトになりますので、この様なサイトが存在する事を知った上で意識的に検索を行わない限りは検索でヒット致しません。例えそれを意識的に検索したとしても、私が辿り付いた投資サイトの領域へ飛び込む確率はほぼ皆無で有ろうと思われます。国内の投資のプロの方々であっても、多くの投資情報に埋もれる中でこれらの投資情報に焦点を絞って検索をヒットさせ、これらの投資の全容を炙(あぶり)出す作業はほぼ時間的にも不可能で有ろうと思われます。私はこれらの投資情報の存在を今までのネット生活の中でたったの一度たりともダイレクトに人から教えられた経験は有りません。多くのメルマガを購読し多くの情報商材にも触れて来ましたが、私が今回ご紹介するこれらの投資情報サイトの欠片でさえ触れられた教材は有りませんでした。詰まり、これらの情報を知る方々が少なくとも私の周りには全く居なかった事を意味するものだと思います。其れほどまでに今まで知る者を退けてきた希少情報であり、更に言えば「不労所得」でさえ可能にし兼ねない収益性の高い「優良情報」で有ると言えます。ですから、販売者である私自身としましては、ここには不労所得を販売する事と全く同等の価値が存在するものだと考えます。私は今までの何年間もの情報購入経験からしても、本教材はそれら教材の中の五万円や六万円もする情報商材と肩を並べても何も劣らない、劣るどころか全てを凌駕するほどの有益情報で有ると自負しております。何故なら私が今まで見聞きしてきた情報の多くは、その殆どが相当量の作業時間を必要とする教材で本業として時間を掛けて取り組まなければ利益にならない様な内容の教材が殆どだったからです。私もその様な高価な教材を購入した時でさえ何度と痛い経験を強いられて来ました。しかし、その殆どの情報は余りもの難解な作業量故に、取り組みをする準備段階で諦めてしまう物や、例え取り組んだとしても一週間後には諦めてしまい二週間目には他の情報を物色させてしまう様な自分には役に立たない無縁な内容の情報ばかりでした。それ程までに本業として取り組まなければ成果が得られない、しかも作業量が多く難易度の高い情報ばかりが提供され続けて来たのです。詰まり本業をやめて専門的に取り組まない限りは絶対成果を得られない情報ばかりが高価な値段で販売され続けて来たのです。私がご紹介する教材はその投資サイトの画面を見るだけでも、例え英語が判らない方々にとってもその有益性がたちまち掴み取れる、正に誰でも直ぐに購入・取引したくなる魅力と仕組みを持ち備えた投資サイトになります。詰まりそれらは本業を持ちながらでさえ不労所得、高額収入を狙える魅力溢れるサイトの数々なのです。この様に単純明快で有益性に富んだ投資サイトで有りますから多くの既存のネットビジネスの様に多くの作業時間を要する事も無く、本業を辞める必要も無く、本業の終了後や休日の片時の30分程度の時間さえ有れば十分作業自体が成り立つ「投資ビジネス」になります。そして、忘れてはならない重要事項として、この「投資ビジネス」は投資業界が存続する限りは永遠に無くなる事自体が無いであろう「永続性の保証されたビジネス」であり、参加人数の増加による「飽和状態」等が一切存在しない世界規模のマーケットになります。一方、国内のマーケットだけをターゲットとして来た従来型のアフィリエイトを中心とするネットビジネスでは必ず参加者増加による「飽和状態」が付き物でした。しかし、私がご紹介する「投資ビジネス」では取り組む業界そのものが世界を股に駆けた巨大投資市場である事から人数の増加や資金の過剰流入による「飽和状態」などは一切無縁であり、むしろそれらははマーケットの活性化には非常に役立つ重要な要素でさえ有ります。資金の出し入れに関しても、クレジットカードや世界中のWeb Moneyが使え る 巨大投資マー ケットなのです。

Vol. 20へ◀  ▶Vol. 22へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク