●「最後の審判」 Vol. 17

 私は、これ以上自前で調査・研究をして行く余裕が有りませんでしたので、すぐさま今回の件を一冊の本に纏めようと思い立ちました。実際、これなら売れると閃いたのです。本当は心の奥底では何処かの貪欲な情報業者同様にこの情報を高値で販売しようと考えておりました。最初は値段を10~20万円程度に吊り上げておいて、段々と値段を下げて行き最終的に五・六万円位で売れるのではないだろうか?と考えておりました。その位に貴重な情報に思えました。今まで私が購入して来た数多くの高額な情報商材と比べても全く引けを取らない情報でした。しかし、これまでもお話してきた様に情報と言うのは悪までもその情報を考案した人の主観であり、主観によって値段が決められています。例え一万円の情報でも、五万円もする高価な商材でも殆ど同じです。そして、中には高い金額を付けないと売れないと言う場合も有るかも知れません。もし、実際情報に「相場」と言うものが存在しているのであれば、それらの情報によって稼げる金額やその根拠、期間、人数、対象などがハッキリと精査されている事でしょう。しかし今現在、私がこの情報を使って稼げる金額を皆様に提示する事は出来ません。それは未だこの情報が未確認状態であるからです。今回私は、このブログのタイトルに「UFO Investment」と名前を付けておりますが、実はその名前の由来は「未確認の投資」と言う意味合いで付けています。「U=Unidentified F=Fundamental, O=Oportunity」と言う意味に受け取って下さい。詰まり紹介者である私が指し示す事が出来る実績データが存在しないのです。しかし、私には証明できる実績は無いものの実際に稼いでおられる方々が存在する証拠は掴んでおります。私は、日本国内でもこの様な投資を行っておられる方が実際存在するのかどうかを探る為又検索を続行しました。するとどの様な方々なのかははっきりとしませんでしたが、これら海外の投資についてブログで意見交換・情報交換をされているサイトを見つける事が出来ました。それによると、① 今現在、国内では殆ど知られていない。② 今年位には流行りだすんじゃ無いかな? ③ サイトを見極めて、しっかりとした計画(運用)で進めれば利益も確実 ④ 長期運用とリスクの分散が成功の鍵。⑤ 突然サイトが閉鎖になることが有る。こう言った意見をブログ内で述べておられました。これらの例は、その特徴を捉えた彼らのコメントを私がブログから掻い摘んだだけですが、突然サイトが無くなるのだけはもう二度と御免です。しかし、それと同時に私もホンの少しだけ肩の荷が降りた様な気がしました。何故なら私が見てきた多くのサイトで実績を出している方がおられるのが事実だと判ったからです。私が出合ったサイトと全く同じサイトかどうかは判りません、しかし海外の同種のサイトで実際に稼がれている方を確認出来たのは一つの成果で有りました。しかし、私はその後もドンドン検索を続けて行きました。そうすると投資の専門家らしき方のこの様なサイトに関する意見も載っておりました。かなり辛口の意見ではありましたが、この様な投資サイトを日本国内の投資アドバイザーが紹介する事の違法性について述べておられました。「これらのサイトの一部は日本国内での取引が法律では認められておらず、高額配当が簡単に得られると宣伝をする無責任な投資専門のアドバイザーの紹介で被害が増えて来ている。又この様な金融取引は日本の国内では認めていない為、被害が出た場合も法律的解決が無理(詰まり被害者の泣き寝入り)である。」との事でした。

 私も、この様な事実を最初に皆様に告白してしまえば、私が既に纏め上げた売れる筈の商材も売れなくなってしまうと大変後悔をしてしまいます。しかし、どうせ後で皆が気付く事実で有るならば、最初に教えて於いてあげたい、そして、教えておかなくてはいけないと考えました。勿論、知らなかったととぼけて続ける事は可能ではありますが、自分が一旦知ってしまった事実を隠し通して販売することは道義上出来ません。販売してからのクレームが絶えなくなります。しかも高値で販売したり、儲かると決め付けて販売すると後で取り返しの付かない結果が待っている筈です。それこそ住所を偽らなくてはなりません。どちらかと言えば検索し過ぎたのが間違いだったのかも知れませんが、皆様にはそう言う事実もある事を先ず知って於いて欲しかったのです。しかし、知ってしまった以上は今まで通り販売する事が出来なくなってしまうと言う正に板ばさみ状態です。実はもう商材は二週間前に出来上がってしまっているのです。出来上がってしまってからこう言う事実がある事が判ってまいりました。私もそれらの悪評を今更隠し通して販売する訳には行きません。ですから今大変悩んでおります。一体誰が私の作業時間を返してくれるのか?

Vol. 16へ◀   ▶Vol. 18へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク