●「隠された第三の規約」 Vol. 14

 
 本来「規約」と言うのは絶対に「守るべき決め事」として存在している筈ですが、これらのサイトを見る限りでは、「単なる体裁の為」に記載されている様な気がしてなりません。確かに全てを正直に完璧に記述すれば都合が悪くなった時の逃げ道は無くなると思います。しかし、本来サイトを利用する者に取っては規約がしっかり記載されているからこそ安心して利用出来るのです。一旦こう言った不信感を抱くような行為を堂々とされてしまいますと、我々は一体何を信用して良いのか解らなくなってしまいます。一体サイト側はどの様な手の内を隠そうとしているのか?或いは、誤魔化そうとしているのか? 結局、彼 らも効率よく稼ぎを得たいだけだと思うのですが、都合が悪く なるたびにサイトを閉めていたら利用者に不信感を煽るだけでなくサイト側も資金が続かなくなるのは当然です。そこで考えられるサイト側の心理は、悪く言うと「騙せるだけ騙して利益を取ってやろう」、「利用できるだけ利用してやろう」と言う本音が有るように思います。サイト側にとっても、全ての会員に高額な報酬を支払う能力はそもそも無いと思います。幾ら裕福なサイトであっても、幾ら大きな広告スポンサーが付いているサイトであっても、会員の稼ぐ報酬の方が短期間に無限大に大きくなる筈です。仮に多くの会員が蓄積ポイントを広告には一切使用せず、全額を出金依頼してしまったらそちらの金額の方が大きくなるのは目に見えています。そのような起こりうる可能性が一切会員規約には書かれておりません。ですから、彼らの逃げ道としては、「損をしない程度に支払っておこう」となり、如いては「一部の会員には支払うが、一部の会員には支払わない」となります。つまり会員は彼らの「不公平な早いもの順の法則」により操られているだけなのです。私が会員になっていた或る100ドルクリックサイトが送ってきたメールには、「当社が支払える金額は、一決済日当たり合計五万ドルだけです。この支払いを受ける為にもいち早く(200ドルを支払って)プレミアム会員に昇格して下さい。」と書かれていました。この100ドルクリックサイトの最低請求金額は一回一万ドルでしたが、こう言った決済日が月に何回有るのかは分っていませんでしたが、無料会員の私でも参加開始後ホンの数ヶ月で10万ドル以上は稼いでいました。総会員数も数万人と見られる事から、私に支払われるチャンスが実際にやって来るのかが心配になっておりました。更にはまだ不確かでは有りますが、プレミアム会員+(プラス)と言う一ランク上のサービスが有ります。こちらのサービスは、更に会員がより確実に支払いを受けられ易くする為のサービスに見受けられます。つまり、各広告サイトが発行している信販会社と契約したデビットカード(作成時に信用調査の必要ない口座残高併用支払いカード)を購入する事でサイトからの支払いをより確実にスピーディーに実行出来ると謳われているものです。こちらのサービスは通常のプレミアム会員料金+カード発行費用が掛かり、世界中のコンビ二系ATM(未確認)で使用出来るとされています。カードが手元に届くには数週間掛かると思われますが、実際これらのカードを所有することによりサイトからの支払いを受ける可能性は大きくなるのかも知れませんが、私は今回そこまでの事実を突き止めるまでには至りませんでした。しかし、無料会員で続けている間は、広告を投稿するのは可能ですが収入に繋げる事は先ず不可能であると思われます。

 再度整理しますと、私が無料登録をした広告サイトは合計で12サイト有りました。その内の2つのサイトで通常のプレミアム会員(有料)登録をしました。クリックサイトの発行するデビットカードには一切申し込んでおりません。しかし、プレミアム(有料)会員になった2つのサイトでは支払い期日が経過したのに関わらず、支払は行われませんでした。そして、片方のサイトは私が高額支払いを請求した後約一ヶ月程で消滅してしまいました。

 ここまでの話ですと、只近寄るべきではない恐い話だけで終わって仕舞いそうですが、その後大きな展開へと発展して行きました。

Vol. 13へ◀  ▶Vol. 15へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク