●「七転び八起き、最後の挑戦かな?」 Vol. 11

 
 しかし、2012年後半も私の目指す目標は、まだ道半ばでありました。とある広告サイトで情報を物色していたところ、今までも掲載されていた事には気付いていたものの、一度も内容を確認していなかった広告をたまたまクリックして見たんです。そうすると、その中には海外のサイトの情報とその利用方法について日本語で解説されておりました。私も、その日本語解説の通りサイトに無料登録し、サイトの仕組みを見てみる事にしました。確かに最初説明されていた通り、広告をクリックするだけで数ドル単位でお金がそのサイト内の自分の口座に課金されて行くのを目の当たりにしました。「遂にやった!」私は声を上げて喜びました。遂に超簡単な不労所得にあり着けたような気がしました。

 無料会員として始めても広告を一日に幾つか閲覧するだけで一日に数十ドルも稼げると言う内容でした。私も今までの自分の経験で広告を見てポイントを稼ぎ、小額ではあるもののお金に換金出来るサイトは知っています。俗に言うポイントサイト、クリックサーフ、リードメール、トラフィックエクスチェンジ、PPCと言われる手法で、自分のホームページを他人にお金やポイントを支払って強制的に閲覧して貰う広告手法です。海外ではPTC(Point To Click)やPTR(Point To Read)と呼ばれているようですが、日本のそれらに近いサイトを見る限りでは広告を閲覧するだけで生計を立てられる程のお金が稼げるサイトは先ず無いであろうと思われます。仮にもし存在しているとしても、アフィリエイトやマルチ(MLM・ピラミッド型報酬)の法則を利用したかなりの作業量を要求されるネットビジネスであり、不労所得と呼べる様な代物では有りません。しかし海外のその様なサイトを見ている限りでは、日本国内に存在する類似サイトの報酬金額とは余りにも桁がかけ離れ過ぎており、もしもそれが事実であれば、そのサイトを利用して生活収入を稼ぐ事が可能では無いかと考え始めました。

Vol. 10へ◀  ▶Vol. 12 へ

Facebookへ
Twitterへ