●「ひたすら孤独と研究の日々」 Vol. 9

 入院療養中も、やはりベットの上では暇すぎましたので、色々と稼ぎの手法を携帯のインターネットを使って物色しておりました。ちょうどその頃は、オンラインカジノのルーレットやバイナリーオプションの研究もしておりましたので、ギャンブルなどで良く使われるマーチンゲールの法則のように、何かほんの少しの勝率と裏技を掛け合わせる事によって継続的に安定した利益を上げられる手法の研究に没頭しておりました。退院後は、「競輪予想」の友人とは暫らく連絡を取ることも無く、私独自の研究の日々が続きました。そして、過去に購入したありとあらゆる情報商材を全て衣装ケースの中から引っ張りだし、一から稼ぎの仕組みを再構築しようと考え始めました。身の回りにある全ての情報商材の中からビジネスのツールや稼ぎの手法、アイデアなど役に立ちそうな情報を全て整理し直し、アフィリエイトの基本、売れる商材の選び方、セールスレターの書き方、ホームページやブログの作り方、無料ツールの使い方、役立つサイトの利用方法、宣伝(集客)の方法などを検索エンジンで裏付けを取りながら調べて行きました。この頃は、手持ち資金もかなり枯渇しておりましたが、四月に入ってからは競馬で何度か大勝ちをしましたので、何とかこの年の春を乗り切る事が出来ました。そして、六月に入った頃よりある一つの手法に焦点を絞って進む事にしました。ちょうどその頃レビューサイトでも絶賛されていたある商材がきっかけになったんですが、それはメールマガジンの代理店になって広告料金を稼ごうと言った趣旨のものでした。一般企業やウェブサイトのオーナー宛てに広告掲載募集広告を出し、格安のメルマガスタンドよりメールマガジンを発行、その利ざやを稼ぐと言う手法でした。しかし、私の場合メルマガ広告代理店を始めるにもコツコツとEメールアドレスを掻き集めてリストを作る時間的な余裕が有りませんでした。普通、メルマガを発行するためには、何処かのメルマガスタンドに登録をして無料の再配布可能な商材やレポート、又は自分のアフィリエイトリンクの付いた無料情報を配布してメールアドレスを集めると言う手法が取られると思いますが、私にはその作業が正直とてもじれったく感じられました。もっと簡単にメールアドレスを収集する方法は無いものかと思い悩み、今度はメールアドレスを販売しているサイトや業者を検索で探し始めました。そして遂に見つけたとある業者から格安で大量のメールアドレスとメール配信ソフトを手に入れる事が出来ました。CSVと言われるファイルの中には合計で数千万人分のメールアドレスが入っているとの事でした。私は、早速そのメールリストとメール配信ソフトを使い自分の広告を出してみましたが、結局メールを配信した相手やメールソフトのサーバーから大きなクレームを受ける結果となってしまいました。何とかこの大量にあるメールアドレスを役に立てる事は出来ないものかと、今度は格安で仕入れたメールアドレスを大量に売り捌こうとしました。しかし、沢山有るだけでそれを有効活用する術を知らない私は、そのメールアドレスに少しでもの付加価値を付けて再販売しようと試みました。大量に所有しているメールアドレスを最終的に誰からのクレームも受けずに売り捌けるビジネスに繋げる方法が見つかりません。それは、使っても売っても誰かからクレームが来る商品だったんです。なぜならそのCSVファイルの中には大量のエラーアドレス(現在使われていない)が混入している可能性がとても高かったからです。手持ちの全てのファイルから有効アドレスとそうでないアドレスを振り分けるには膨大な時間が掛かってしまいます。またそれを実行した場合、メール配信サーバーには非常に大きな負担をかけてしまい、メールサーバーを使う事すら出来なくなってしまいます。私が知っているメルマガスタンドでも大量にメールを送れ、しかもしっかりと有効アドレスと無効アドレスに印を付けて振り分けてくれるメールサーバーを使っているメルマガスタンドを知っていますが、それでもメールを送信する度に大量のエラーを処理して行くのに結局は身も心も疲れ果ててしまいました。

Vol. 8へ ◀ ▶Vol. 10へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク