●「UFO Investment お申し込みはこちらのページから  2013年5月1日販売開始」 Vol. 24

 
 「UFO Investment」は、2013年5月1日より販売開始致します。この投資教材は、日本では未だ殆ど知られていない「海外の或る特定の投資手法」(不労所得系投資手法)を合計72ページに纏めた有料レポートになります。「UFO Investment」に付いて詳しくお知りになりたい方はこのブログの Vol. 16 へ戻って、それ以降をお読み下さい。

Vol. 1へ◀ ◀Vol. 16 へ◀ ◀Vol. 23へ

_____________________

<お申し込み方法>

● 当商品の販売は私(田中 彰)からの直接販売のみになります。このブログ上に書かれておりますEメールアドレス ufoinvestment_1@yahoo.co.jp  宛てに「UFO希望」と件名に記入し、「本文」に以下の①、②の項目を記入の上お申し込み下さい。

_____________________

①  ご購入希望者様の氏名 (フルネーム) ※ お振込み頂く場合は、お申し込み頂いた方のお名前でお振込み頂くか、お振込み頂く方のお名前にてご注文して頂きます様お願い致します。

②  Eメールアドレス (商品のPDFファイルをダウンロード出来るコンピューターのEメールアドレスを記入して下さい。)

_____________________

● 当方でお客様からの「ご注文メール」を確認出来ましたら、折り返し「振込み口座情報」とお振込みの際にご記入頂く「6桁の数字」をお知らせ致します。 ※ お支払いは「銀行振込み」のみ受付致します。

※ ご面倒ですが、お振込みの際、当方からメールでお渡しする6桁の数字(銀行振り込みの際の確認用)をお振込み人名義の前か後ろにご記入して下さい。

_________________________________________

< UFO Investment 振込専用口座は、                    楽天銀行  ロック支店(202)                  普通口座  4808117                     口座名義  タナカ アキラ >

_________________________________________

 銀行振り込みの際は、必ず振込み人名義の前か後ろに、当方からお渡しした6桁の数字(銀行振り込みの際、ご本人確認をスムーズに行う為に使用)をご記入頂きます様お願い致します。 お振込みが確認出来ましたら直ちに商品の発送を行います。通常、お申し込みを頂いてから遅くとも12時間以内(土日は24時間以内)には返信又は商品を発送させて頂きます。万が一、12時間を過ぎましても当方からの返信メールが確認出来ない場合は再度メールをお送り頂くか、ご心配な方はこちらの携帯電話080-5369-1160までご連絡をお願い致します。メール配信・商品発送作業は 、基本毎日 ( 月~日 ) 10:00AM~24:00 迄行います。土日は多少遅れる場合が有りますが、遅くともご注文を頂いてから24時間以内にはご返信及び商品発送を行います。

 商品はPDFファイルによるダウンロード販売のみとなります。お申し込みの際は、商品をダウンロード出来るパソコン等のEメールアドレスをご記入下さい。又、PDFファイルを開くためのアドビリーダーのダウンロードは前もって行っておいて下さい。アドビリーダーダウンロードはこちらから出来ます。→アドビリーダーダウンロード。又、商品(PDF)に破損がある場合、お客様のパソコンで商品がダウンロード出来ない等の問題がある場合は当方メールアドレス  ufoinvestment_1@yahoo.co.jp 又は080-5369-1160までご連絡お願いします。

_____________________

<特定商取引に関する表記>

_____________________

E-mail      :   ufoinvestment_1@yahoo.co.jp

氏名 : 田中 彰 (タナカ アキラ)

商品振込み専用口座  :  楽天銀行  ロック支店(202)

普通口座  4808117  口座名義  タナカ アキラ

購入代金 : 9,800円 (消費税込み)

_____________________

「返品に関して」

 当商品ファイル内部には一部付加価値の高い機密情報が含まれます。一度商品がお客様のパソコンにダウンロードされますと如何なる理由が有りましても返品をお受けする事が出来ません。銀行振り込みをされる際はご購入の意思を再確認してからお申し込みをされます様、宜しくお願い致します。尚、商品(PDF)に破損が有る場合、又はがお客様のパソコンでダウンロード出来ない場合は、当方メールアドレス ufoinvestment_1@yahoo.co.jp  か携帯電話 080-5369-1160までご連絡をお願いします。

_________________________________________

「販売商品」とその位置付け

 本商品は投資に関する情報をPDFファイルに纏めた「特定投資参考資料」になります。投資又はビジネスにご興味の無い方のご購入はご遠慮下さいませ。お渡しする商品の内容は海外における投資情報、及び関連サイト(ホームページアドレス)、特典情報等になります。当方と商品内でご紹介する企業、グループ、サイトとの組織的関連、繋がりは一切有りません。、当方の主観的客観的見地に於いて第三者である投資機関の解説をご紹介している「投資参考資料」に成ります。又、当方は商品ご購入者様に投資の解説を行っておりますが、決して投資を強要・斡旋をするものでは有りません。その辺の事情はくれぐれも誤解の無いようにお願い致します。又、投資を実行される際は自らの責任と自覚に基づいて行って下さい。当方は利益の確約をお約束出来る立場には有りません。投資の行い方によっては損失を計上する場合が有りますのでくれぐれもご注意して下さい。※尚、商品内でご紹介する組織、団体に関して当方は事前検証作業は一切行っておりません。ご利用の際は、当教材にしっかり目を通して頂き、マニュアル通りに事前検証を行った上、あくまでも自己責任に於いて行って下さい。

_____________________

「今後の販売予定」

 今回、販売商品にご興味、関心をお持ち下さいまして誠に有難う御座います。当商材の販売期間に関しましては2013年中の販売は予定しておりますが、それ以後の販売計画につきましてはまだ未定です。購入希望者様に於かれましては、商品をお申し込み頂く際、販売が継続しているかどうかご不安に思われます場合は一度メールにて確認を行ってから申し込みして頂きます様お願い致します。

_____________________

Vol. 23へ◀   ▶Vol. 25へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク


●「UFO Investment (5月1日より販売開始致します) Vol. 23

 本来で有れば「Vol. 17」でも述べました様に、この教材の付加価値、特に有益性、永続性、簡易性が有る事を考えました時に、この教材の価値は将来的に見ても10万円以上の価値が優に有るものと自負しております。しかしながら私が今までに購入して来た情報商材の価格は、その「情報内容」と「情報の再現性」とを比較して考えて見た場合、私の主観では有りますが情報料の価格自体が余りにも現実的では有りませんでした。そして、私の情報を冷静に見詰め直して見た場合、情報内容を精査すればするほどまだまだ安価にすべきだと言う結論に達しました。よって、今回の私の教材の価格を数字で当て嵌めますと三万円位が妥当な線では無かろうかと考えました。しかしながらそこで一つの問題が浮上します。私はこうやって生まれて初めて情報商材を発行する事となりました。前半のブログをお読みの方はご存知と思いますが、私は以前友人と計画していた「競輪予想業」において使用する会員マニュアルを「情報商材」として纏め上げASPに登録しました。しかし、ホームページの完成を後一歩に控えたところで挫折してしまい「競輪予想業」を断念した経緯があります。今回はたった一人で全ての作業を殆ど同時進行で進めてまいりましたが色々と困難だらけな状況でした。そして、私の商品を販売する為の集客方法をホームページにしようか、ブログにしようか、メルマガにしようか、掲示板にしようかと色々悩みました。資金も既に底を突きこれ以上のお金をビジネスに投入する余裕が有りませんでしたので、取り敢えず無料で作成可能なブログを選択する事としました。 そ して、ブログを 書き始めましたがブログ自体も又宣伝しなければなりません。詰まり何が言いたいかと言うと。商品は既に出来上がっているのですが、私は集客作業がド素であり、販売を上手く軌道に乗せて行けるかどうか自信が有りませんでした。何故か商品の「価格の問題」で失敗しそうで溜まりません。それに商品価格もコロコロ変動させたくは有りません。価格を高く設定し過ぎて販売不振になったりクレームを受けたりも困りますし、逆に価格を下げすぎて利益が得られなくても困ります。クレームなんかを受けると自信を失って販売するのをやめてしまいそうです。ですから極力クレームを受けない商品の価格設定に集中しました。それに、この販売業務は全て私一人で行って行く予定です。販売を代行してくれるASPやアフィリエイターには頼らず、取り敢えずは私一人でこの商品を販売して行こうと決めました。ですから、本音を言いますとクレームの問題やサポートの問題で余り時間を割いてしまうと宣伝活動や商品発送業務に力を入れて行けなくなってしまいます。教材は電子書籍版(PDFファイル)72ページで構成されており、内容は簡潔に理解出来るように構成してあると思うのですが、私も商品が完成してから約2週間が経ち、再度私の教材を見直して見ますと、やはり私独り善がりな部分も有った様に思い始めました。其れはどのような点かと言いますと、やはり対象は英語のサイトになります。商品購入者様がどの様な心境でこの教材を手にされるかは、私には判らない部分が沢山有ります。英語が苦手であるにも関わらず購入されてしまわれる方もおられるかも知れません。又、どうしても早くお金を作りたくて非常に焦った心理状態で購入される方も有るかも知れません。しかし、私が「全てが英語で書かれている投資関連の情報(ホームページのURL)」を大量にお客様にお送りすると、どうしても頭がパニックになられる方がおられるかも知れません。初心者の方々に取っては、数字の部分は理解出来ても何が書いて有るのかを理解する迄はかなりの時間を要する為、結局は見るだけで終わってしまう教材に成りはしないかと言う懸念が出てまいりました。世の中、只でさえ情報が氾濫しております。そこへ更に多くの情報を送りつけ、「この中から役に立つサイトをご自分の努力で探し出して下さい!」と言われれば誰でもノイローゼになってしまいます。しかも「実績データの提供が受けられないビジネス」では参加する事自体がギャンブルに成りますからなお更です。私が販売する教材を一体何人の方が購入され何人の方が役に立つと感じてくれるのかは、私には全く判りません。正直自信も有りません。ですから今回の教材の価格は正味販売に掛かった諸経費(作業量)のみの値段に徹し、情報そのものの付加価値の部分までは含めない事に決めました。私も情報販売自体が始めての経験となりますので、最初から成功する事は考えず、先ずは勉強がてらに進めさせてもらおうと思います。そして、今回の教材には、私が過去四年間に集めたネットビジネス関連のツールやソフト、サイトの数々を「ビジネス役立ち情報」として解りやすくカテゴリー別に纏めました。これだけでも約二週間以上の作業時間を要しました。さらに、今回ご紹介するサイトURL以外にも「ボーナス特典」としまして、「海外のトラフィックエクスチェンジ集」、「海外ネットビジネス役立ち情報集」、「海外ギャンブル・ゲームサイト集」、「海外オンラインサーベイ集」、更にあなたのネットビジネスに直結する「特典情報」として「ネットビジネス役立ちソフト&ツール集」、「ホームページ、ブログ関連集」、「「サイトアクセスアップ集」、「ウェブサイトの広告・宣伝ツール集」、「メルマガスタンド集」、「役立ち収益系サイト集」、「国内公営競技・ギャンブル優良予想会社集」等、総勢350余りのサイトアドレス(URL)を各カテゴリー別に分類・編集したアドレス集を「ボーナス」、「特典情報」として本教材とセットでご提供致します。これが「UFO Investment」(PDFファイル版、合計72ページ)定価9,800円で5月1日(水)より販売開始させて頂きます。尚、この価格は当教材発売記念価格として年内いっぱい平成25年(2013年)中はこの価格での販売を予定しております。それ以後の価格に付いては未定です。

 最後に、もう一度この教材でお伝えする「投資の死角」に付いてお伝えさせて頂きます。このUFO Investment と言う投資教材は、実在する海外の「投資サイト」における投資方法を纏めた教材に成りますが、やはり初めてこれらのサイトを目にする方々は、其れが全て海外のサイトで有ると言うだけで無く、「本当にこれが収益系のサイトなの?」と不安になられる事が有るかも知れません。それは色々な投資会社がサイトを運営しているからなのですが、中にはド派手なサイトから超地味なサイトまで様々です。そして、一見投資サイトに見え難いサイトや、投資の利率(リターン)やプランがホームページの内部の方に記載されているような地味なサイトまで色々有ります。しかし、私が教材の中でご紹介するサイト(約80サイト)だけが全てだとは思わないで下さい。私が紹介するサイトで有っても気が付いたら消滅(サイトの有効期限が切れている)しているサイトも有るのです。以前にも話したと思いますが、私が皆様にお教えするサイトは私が検証を終えた優良なサイトだけをお教えしている訳では有りません。悪までもサンプルであるとお考え下さい。勿論優良なサイトが入っている事も考えられます。しかし、本当のサイトはたった其れだけでは無いのです。捜せば捜すほど沢山出てきます。サイトの下部や上部に「Monitor」とか「Rate」と書かれた部分があります。そこをクリックして頂けますと、日本で言うところの「レビューサイト」が出てきます。信用を第一に考えたサイト運営者は、各サイトが自らレビューサイトに登録をして自分達のサイトの評価を高めようと努力しています。その様なレビューサイトでは多くの優良サイトがまだまだ数多く眠っているのです。私も全てのサイトを探し出す訳には行きませんでしたので、これからの作業は、私がお教えするサイトアドレスを基に皆さんで多くの優良サイトを発掘して行かれる事を望みます。ですから、私がお教えする内容は、特定のサイトをレビューする様なちっぽけな内容では無く、これから長きに渡ってこの投資方法をご自分の人生の「成功法則」にされて行く為の「教材」、「マニュアル」であるとお考え頂けたら嬉しいです。英語で書かれたホームページに拒絶反応を起こされる場合も有るかも知れませんが、先ず、ゆっくり時間を掛けて慣れて行かれる事をお勧め致します。

Vol. 22へ◀  ▶Vol. 24 へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク


●「UFO Investment について(デメリット)」 Vol. 22

 美味しい話ばかりを語って来ましたが、逆に本情報に付いての幾つかの欠点を挙げるとするならば、先ず第一には「全てが英語のサイトで有ると言う事」、第二に「私からの実績データを皆様に提供する事が不可能な事」、第三に「少なからず投資金が必要な事」、そして、敢えて第四を言うならば、私自身がサポートが苦手な事です。私もかなりの長時間を掛けて本教材「UFO Investment」をレポート としてまとめて参りましたが、はっきり申し上げまして私自身もこの投資自体には未だ殆ど参加をしていない状況になります。何故なら、私のブログの前半をお読みの方々には十分ご理解を頂けている事と思いますが、私は本投資情報を本格的に実践に移す間際で悪徳投資サイトに手持ち資金全額を巻き上げられてしまいました。結局これら多くの投資サイトの検証を目前に尻尾を巻いて退散せざるを得なくなってしまったのです。本来ならばこの情報は、私以外他の誰に伝える事も無く、たった一人で実行に移して利益を上げて行こうと目論んでいました。しかし、その様な不運な事件に巻き込まれ結局は自分自身で成果を上げる事自体が出来なくなってしまったのです。ですから私がご紹介する本投資情報には多大なメリットが有る反面、同時にリスクを抱えたままである現状も事実であります。そして、ご紹介する情報に実績が伴わない以上サポートが大変にし辛い状況でも有ります。サポートと言いましても、実際はサポートさえ必要としない簡単な(英語版)投資サイトでの購入作業のみになります。敢えて難しい事と言えば英語が理解出来ない為に起こるボタン操作の間違いやサイトの規約事項を英語に翻訳しながら理解しなければならない点位だと思います。勿論これら投資ビジネスに関して疑問点等有りましたらメールにて質問を受けさせて頂きます。その他私に答えられる範囲内の質問で有ればメールにてお送り下さい。なるべく24時間以内にご回答を差し上げ様と考えております。そして、最後に「商品の返品」に関してお伝えしなければなりません。本情報の一番要となる部分は「UFO Investment」の中に書かれておりますURL (サイ トアドレス)になります。これらのURL(約80アドレス)は大変有益性に富んでおり希少価値が非常に高いです。正にこの約80個分の価値そのものがこの情報商材「UFO Investment」の価格であると考えて頂いても過言では有りません。よって、この情報商材を受け取った時点、そしてPDFファイルを開封された時点、更に正確に言いますとお客様がこの情報商材を申し込まれ、料金を当指定口座にお振込み頂き、私が「UFO Investment」 (PDF ファイル)をお客様のパソコンに送信した時点でお客様からの「商品返品依頼」は不可能となります。ですから商品購入前はしっかりとご検討を頂いた上でお申し込みをして頂きます様お願い致します。一旦本商品をお客様のパソコンのメールサーバーにてお受け取りになられますと代金を返金する事は一切出来ません。この事を十分にご承知おき下さいませ。これは私自身の生活を守る為の営業方針になります。この様な事情をご理解して頂いた上で、本教材の価格は大幅にディスカウントし、更には特典情報をふんだんに取り入れて販売する事と致します。それでは最後に本商品「UFO Investment」は一体どの様な方に相応しい商品で有るかを見る為に、この情報 の特徴を箇条書きにして見ます。

① 海外の投資系の掘り出し物情報です。
② 投資情報なので、実際投資を行うには最低限の資金($50~$300)が必要です。
③ 全て、英語で書かれています。
④ 英語で 書かれていますが、簡単なボタン操作を間違えなければ購入は出来ます。
⑤ あなたも一通りは英語を勉強してください
⑥ ウェブマネーの使い方については私の教材にてご説明いたします。
⑦ 当教材は、優良なサイトのURL(アドレス)と簡単な説明文で構成されています。
⑧ 投資情報になりますので、全てはご自分の責任で行う必要が有ります。
⑨ U RL(アドレス)が当情報の要ですので、一度受け取られた情報の返品は不可能です。
⑩ インターネットで馬券や競艇の舟券を購入するくらいの簡単な作業内容です。
⑪ UFO Investmentの一番重要な点はお教えするサイトアドレスだけでは無く、レビューサイトをしっかりと使用して安心出来る投資先を自分で選別する事です。
⑫ 将来に渡って永く使える投資手法です。

Vol. 21へ◀   ▶Vol. 23へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク


●「UFO Investment について (メリット)」 Vol. 21

 ご存知の通りこの投資情報「UFO Investment」は約半年の歳月を経て偶然の結末に於ける産物では有りますが、ようやく一つの「投資手法」として確立する事が出来ました。そして、未だこの投資の手法をご存知無い多くの方々にご紹介する機会を得る事が出来ました。私自身投資の専門家では有りませんので余り正確な事は判りませんが、かつて私がご紹介するこの「投資手法」を何処かのどなたかが販売された経緯が有るのか無いのかは私には知る由が有りません。しかし、多くの方々が未だこの投資手法については無知である事は否め無い事実です。私がご紹介する「投資手法」は既存のネットビジネスからは隔絶された場所に存在するとても希少価値の高い情報で有ると言えます。只、希少価値が高いと言いましても、私からの投資の実績データを提供出来ない事も事実で有りますので、そこにはギャンブル的要素が十二分に存在する事になります。この様な状況に位置付けられた「投資情報」で有りますから今回は「投資の攻略本」と言う位置付けから「投資の参考教材」と言う位置付けに趣を変更して販売させて頂こうと思います。そして、販売価格も幾分安価にする為の検討も十二分に重ねて来ました。このブログの冒頭では「二万円台を予定しております」と言うフレーズを見掛けられたかと思います。私がご紹介する希少サイトの数々は一般のサラリーマンなど一日の大半を多忙に過ごしておられる方々には、プライベートでどの様にインターネットを使って検索しようが絶対に出合う事の無いで有ろう海外の有益サイト情報になります。例え、インターネットに興味を抱き、副業関連、ネットビジネス関連の検索を一日中繰り返したとしても、そのサイトの欠片すらヒットする事も無い類まれな希少情報で有ります。ましてや海外の、しかも英語によってのみ検索可能なサイトになりますので、この様なサイトが存在する事を知った上で意識的に検索を行わない限りは検索でヒット致しません。例えそれを意識的に検索したとしても、私が辿り付いた投資サイトの領域へ飛び込む確率はほぼ皆無で有ろうと思われます。国内の投資のプロの方々であっても、多くの投資情報に埋もれる中でこれらの投資情報に焦点を絞って検索をヒットさせ、これらの投資の全容を炙(あぶり)出す作業はほぼ時間的にも不可能で有ろうと思われます。私はこれらの投資情報の存在を今までのネット生活の中でたったの一度たりともダイレクトに人から教えられた経験は有りません。多くのメルマガを購読し多くの情報商材にも触れて来ましたが、私が今回ご紹介するこれらの投資情報サイトの欠片でさえ触れられた教材は有りませんでした。詰まり、これらの情報を知る方々が少なくとも私の周りには全く居なかった事を意味するものだと思います。其れほどまでに今まで知る者を退けてきた希少情報であり、更に言えば「不労所得」でさえ可能にし兼ねない収益性の高い「優良情報」で有ると言えます。ですから、販売者である私自身としましては、ここには不労所得を販売する事と全く同等の価値が存在するものだと考えます。私は今までの何年間もの情報購入経験からしても、本教材はそれら教材の中の五万円や六万円もする情報商材と肩を並べても何も劣らない、劣るどころか全てを凌駕するほどの有益情報で有ると自負しております。何故なら私が今まで見聞きしてきた情報の多くは、その殆どが相当量の作業時間を必要とする教材で本業として時間を掛けて取り組まなければ利益にならない様な内容の教材が殆どだったからです。私もその様な高価な教材を購入した時でさえ何度と痛い経験を強いられて来ました。しかし、その殆どの情報は余りもの難解な作業量故に、取り組みをする準備段階で諦めてしまう物や、例え取り組んだとしても一週間後には諦めてしまい二週間目には他の情報を物色させてしまう様な自分には役に立たない無縁な内容の情報ばかりでした。それ程までに本業として取り組まなければ成果が得られない、しかも作業量が多く難易度の高い情報ばかりが提供され続けて来たのです。詰まり本業をやめて専門的に取り組まない限りは絶対成果を得られない情報ばかりが高価な値段で販売され続けて来たのです。私がご紹介する教材はその投資サイトの画面を見るだけでも、例え英語が判らない方々にとってもその有益性がたちまち掴み取れる、正に誰でも直ぐに購入・取引したくなる魅力と仕組みを持ち備えた投資サイトになります。詰まりそれらは本業を持ちながらでさえ不労所得、高額収入を狙える魅力溢れるサイトの数々なのです。この様に単純明快で有益性に富んだ投資サイトで有りますから多くの既存のネットビジネスの様に多くの作業時間を要する事も無く、本業を辞める必要も無く、本業の終了後や休日の片時の30分程度の時間さえ有れば十分作業自体が成り立つ「投資ビジネス」になります。そして、忘れてはならない重要事項として、この「投資ビジネス」は投資業界が存続する限りは永遠に無くなる事自体が無いであろう「永続性の保証されたビジネス」であり、参加人数の増加による「飽和状態」等が一切存在しない世界規模のマーケットになります。一方、国内のマーケットだけをターゲットとして来た従来型のアフィリエイトを中心とするネットビジネスでは必ず参加者増加による「飽和状態」が付き物でした。しかし、私がご紹介する「投資ビジネス」では取り組む業界そのものが世界を股に駆けた巨大投資市場である事から人数の増加や資金の過剰流入による「飽和状態」などは一切無縁であり、むしろそれらははマーケットの活性化には非常に役立つ重要な要素でさえ有ります。資金の出し入れに関しても、クレジットカードや世界中のWeb Moneyが使え る 巨大投資マー ケットなのです。

Vol. 20へ◀  ▶Vol. 22へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク


●「UFO Investment とは?(使用手順)」 Vol. 20

 いよいよ、UFO Investmentの販売を開始いたします。最後の土壇場では、又私の進行を妨げるかに見えた法律上の問題点が急に浮上してしまいました。一時は販売をする事事態が不可能では無いのかと懐疑的になりました。余計な事を検索しなければ良かったと後悔した程です。世の中、脇目を振らずに思いっきり突っ走る事も大切な場合が有るかも知れません。以前にも言わせて頂きましたが、世の中自分で自分の墓穴を掘っている場合が有ります。余計なところで立ち止まらなければすんなりと行っていた事柄も、神経質に考えすぎて、頭の中を色々な情報でかき乱し、混乱させて自分を失敗に導いている場合も有ると思います。自分で自分の首を絞めてしまっているのです。しかし、それは全ての人の前に立ちはだかる「混乱」、「緊張」と言う名の大きな「壁」でも有るかも知れません。それを乗り越えられるかどうかは、他の誰でもなく自分自身でしか決める事が出来ません。本商品は、私が一度は販売を決意した商品で有ります。既に商品も出来上がっている状態ですし、これは私が生まれて始めてたった一人で販売まで漕ぎ着けた商品になります。もう今更後戻りは致しません。本来ならば販売などは一切せずたった一人で実践してお金を稼ごうと決意しておりました。自分一人の秘密にしておきたかったのです。それほどまでに私が長年追い求め夢にまで見て来た不労所得的投資ビジネスで有り、収益性の見込める投資情報になります。しかも、海外の投資サイトと言う状況も有り多くの方がその存在に気付く事すら出来なかった類稀な情報でも有るのです。世の中、誰にも知られたくない「秘密情報」が一つ位は有っても良いかと思います。しかも、お金を稼げる自分一人の「秘密情報」です。カッコ良いと思いませんか。「あの人何もしてないのにお金だけ沢山持ってるな~」って思われたらカッコ良くないですか?正に私が見つけた投資サイトにはその様な可能性が十分秘められていると感じています。

 この投資を行う上でのメリットは、その簡潔さで有ると思います。世の中には色々な副業情報が出回っておりますが、今現在出回っているネットビジネスの多くは、相当量の作業時間を要するビジネスが殆どです。特にネットビジネスの中心的存在であるアフィリエイトはブログ・ホームページの作成、集客用リスト作成、メルマガの発行、無料レポート・特典情報の収集作業など本業として専門的に取り組まなければ成果が上がらないビジネスです。しかしネットで行う「投資」と言う分野は、その投資先さえしっかり選定出来ていれば、時間の掛かる作業自体を一切必要としません。巷のギャンブルと同様、「精査・選別」、「購入」、「待機」、「換金」の簡単な流れで行えます。勿論、日々の「調査活動」と投資金(軍資金)は必要となりますが、※投資金は本業で稼いで下さい。ですから、本業をお持ちでしかも現在の給料には不満な方、本業以外に副業にチャレンジしてお金を稼ぎたい方、殆ど放ったらかし状態で不労所得的収入を稼ぎたい方には打ってつけの「投資ビジネス」で有ると言えます。そして、ある程度の最低余剰資金(五万円~二十万円)をお持ちの方に是非行って頂きたいビジネスです。敢えて借金をしてまで「投資」をする危険な行為は極力お止め下さい。心の安定と冷静な判断、「家宝は寝て待て」を実行出来る様な忍耐力の備わった方に是非ともお勧めしたいビジネスです。そして、勿論、」英語の勉強に時間を惜しまない方にお勧めしたいビジネスです。

 投資に関わる作業時間も、国内の競馬や競輪、競艇をする場合と何ら変わりは無く、投資したい件数に応じてサイト上にお金を投入し、取引ボタンを押すだけの作業です。後は払い戻し確定までは何もする事が有りません。完全放ったらかしで取引が終了する期間をゆっくり待つだけの不労作業となります。取引期間も幾つかの「プラン」に分かれており、通常一日~一年物までバラエティーに富んでおります。これは運営している投資会社が色々有りますので、運営会社による違いで有ると言えます。又、投資出来る金額にも上下の幅(各種プラン)が有ります。最低は$5~上限$50,000位までと、「期間」の場合と同様運営している投資会社や「プラン」に応じてその組み合わせには多様性が有ります。これらのサイトは全て海外の投資会社で運営されており、その運営国も欧米を中心に数十カ国を確認出来ています。しかし今回私がご紹介させて頂くのは英語サイトのみになります。何故なら私自身が辛うじて英語しか理解出来なかったからに他なりません。そして、ご紹介するサイトの数に関しては約10軒程のレビューサイトを含めると全部で約80サイト程を準備致しております。しかし、80サイトと言いましても、その数字が上限では有りません。数ヶ月間サイトを見続ければ判るかと思いますが、突然閉鎖になるサイトも有れば、何処かで突然立ち上がったような全く新しいサイトを目にする事も有ります。それは只単に私が気付かなかっただけの事だと思いますが、要するに捜せば捜すほど新たなサイトに出合う確率は大きいです。又、多くのサイトではサイトの運用日数や投資参加人数、参加資金や払い戻し総額がデータとして絶えず判りやすく表記されています。今回私はあなたに取って置きのレビューサイトもお教え致します。そこで評価されている投資サイトは信頼性が高く、日常的に多くの投資参加者によって書き込みがされている為、投資会社を選別する場合にはかなり参考になる生きた資料で有ると思われます。但し、一つ注意点は有ります。それは、レビューサイトで有っても完璧では有りません。あなたも今まで何か商品を購入しようとした際レビューサイトに騙されたり、踊らされたりした経験は有りませんでしたか?これと同じ状況が何処のレビューサイトにおいても起こる可能性が有ります。商品購入の際多くの方々が日常的にレビューサイトを利用していますが、中には利用者を意図的に利用する目的で真実でない情報を書き込むケースが考えられるからです。そう言った人達は自らの都合の良い事しか書きません。そのサイトの関係者であったり、アフィリエイトだけで参加していたりする場合は、そのサイト自体の真の評価はそっち退けで只々参加者を多く集める目的の為に良い事しか書かなかったりする場合が有ります。私が紹介するレビューサイトでも或る一軒の投資サイトの評価が、Aと言うレビューサイトでは評価が高くても他のBやCのレビューサイトでは低く評価されていた場合が有りました。ですから安全な投資を行って頂く為にも欠かす事の出来ない重要な作業として複数のレビューサイトを同時に使用してターゲットを比較・検証する心構えも必要になって来ます。

INDEXへ◀ ◀Vol. 19 へ◀ ▶Vol. 21へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク


●「UFO Investmentの公開に先立って(注意点)」 Vol. 19

 
 さて、おさらいです。私が満を持して公開する「UFO Investment」の話に戻りましょう。この投資方法は私が約半年の歳月を掛けて完成させた未開拓投資法のダイジェスト版になります。本来はこの様な商材を発行する予定は全く無かったのですが、2012年10月30日に海外の広告サイトであるPTC、PTRに出合った事が切っ掛けとなり紆余曲折を経て海外投資系のサイトの数々と出会うこととなりました。その後は、自然な成り行きで投資系サイトの全体像を把握するまでに至りました。本来は「解明」と言う言葉を使いたかったのですが、私如きの事情により解明には至りませんでした。又、それら投資系サイトの信憑性はある程度確保出来たものの、現在のところ各サイト毎の実践に伴う収益性までを検証、精査するまでには至っておりません。しかし、実際にこれらの投資に関わっている国内のグループや既に利益を上げておられる事実も存在する事から、これらの投資情報を私なりに自信を持って一冊の電子書籍に纏め上げる運びとなりました。この教材に関しては、現在収益性未検証と言う事情も有り、宣伝活動においてはそれらサイトの収益性を数字を用いて説明したり断定したりする事が出来ません。そして、更にはこれらの投資サイトは海外の投資会社によって運営されておりますが、日本国内での営業認可を得た証券会社や投資専門の機関とは異なります、個人レベルでご利用される場合はどの様な状況下で有っても全て自己の責任において利用しなければいけません。これらは海外のインターネット上の投資サイトになりますのでオンラインを介して利用すると言う単なる利便性に頼って一方的に利用するだけの流れになりますので、万が一サイト内や取引上で問題が起こってしまった場合も全て英語ないしはその国の言語による対応しか受けられません。ですから、海外のサイトであると言うリスクを十分理解した上で関わらなければなりません。そして投資サイト内で利益を計上した場合や損失が発生した場合でも、又、投資金を入れた状態のサイトが突然消滅してしまった場合でもその全ての対応責任は全て自分自身にのみ発生します。これは海外の同様のサイトで例えるならば、有料のオンラインゲームやネットカジノと同じ法律的扱いになります。獲得したポイントを現金に換金出来るオンラインゲームやネットカジノ(ギャンブル)、ブックメーカー(スポーツ賭博)等のインターネット上の海外サイト(英語版サイト)を利用する行為と同様今現在法律の抜け穴に成っていますので、発生した問題に対して対応してくれる国内の専門機関が有りません。詰まりこれらの扱いは法的には治外法権であり無法地帯、無干渉地帯に属します。又、投資資金をすってしまった場合も、ポイントゲームでお金を使い過ぎた場合と同様お金は戻って来ません。逆に、投資サイトでお金を儲けた場合は何者にも咎(とが)められる事も無く、それが詐欺サイトでさえ無ければ全額がWeb Money を介してご自分の Web Bankに入金される流れとなります。

Vol. 18 へ◀  ▶Vol. 20 へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク


●「克服と突破口(商品化計画)」 Vol. 18

 一体私はこの板ばさみ状態をどう乗り越えればよいのでしょうか?どなたかにお知恵を拝借したいくらいです? そして・・・実は、私は強行する事に決めました。逮捕されても 販売します。いえ、逮捕されない様に道理を弁えて販売します。詰まり、上手く抜け穴を使って行くのです。実はそんな深刻な問題では無いかも知れません。情報販売の世界では在り来たりの問題だと思います。元々「情報商材」と名の付くものは、値段においてもその有益性(資産的価値)においても本来作者の主観によることが多いです。特に情報のコンテンツがコンピューターの専門技術者によって作られたシステムツールやソフトウェアーではなく、既に一般に出回っている部材を組み合わせたアイデア商品・複合オリジナル商品の場合は特にそうです。私の商品の場合は後者になりますので値段の付け方が特に主観的になり易いです。そして、私の商材では実績データが提供出来ませんので「儲かります」と言う断定的な表現を使う事が出来ません。「このサイトは絶対簡単に儲かりますのでドンドン参加して下さい!」とか言う事が言えません。詰まり私の作った教材を「儲かる手法」として販売するのでは無く、「世界にはこう言ったサイトや投資の手法がありますよ!」と紹介するだけの「参考教材」として捉えて頂けたら有難く思います。そうする事で私の苦労も報われると思います。ですから、この教材を使って月に「10万円稼げますよ!」、とか「20万円稼げますよ!」、「月に100万円は硬いです」とかは言うことは一切出来ません。勿論対象は投資会社のサイトになりますので、利用される場合は人それぞれ資金が異なる事になります。通常少ない人は少ないなりに、多い人は大いなりに自由に投資を行いますから、儲けや損失に関しても国内の競馬や競輪を行う場合とほぼ同じ流れになると言えます。只、一日で結果が出る「ギャンブル」とは異なりますので、投資の結果が出るには短期から長期までそれなりに時間が掛かる事になります。そして、私がこれから紹介して行くサイト群には、紹介者である私が取り組んだ実績データが無いことから、今の現状では未知のギャンブルを行うのと全く同じリスクだと考えなくてはなりません。特に英語が苦手な方やギャンブル自体が初心者の方にはそう言う状況です。そして、全てを自己責任で行わないとならないのです。

 私にとって一番厄介な問題は、実は法律に関する問題でした。先日、この教材を完成させてから、検索サイトを使って私が販売しようとしている教材について色々調べ物をしておました。今までは教材を作る上での都合の良い事しか調べて来なかったのですが、先日投資専門家による書き込みを発見してしまいました。それによると、「それらの中の一部の投資会社は日本国内では法律上取引することが認可されていない業者が関わっている可能性が有り、欲に目が眩んだ無責任な投資アドバイザーによって如何にも儲かりますよと紹介されています・・・。」とブログで語られておりました。確かに上辺だけを見ると、誰が見てもこれらの投資サイトは凄く儲かるように見えます。しかし、その実態を判ってか判らずか曖昧な知識で行っている紹介業者によって被害が出ている現状が有ると言うことです。正しく言い換えると、、『日本国内で投資を行う場合は、日本国内で販売する事を認可された「正規の資格を得た投資商品」及び「正規の資格を得た投資会社」と取引をしないと投資の安全を保証できません。』と言う意味になります。「そうでなければもし問題が起こった場合に法律で対処する事が出来ない」と言う事です。しかし、ひねくって考えて見ると、正規のルートを守って取引をしたとしても絶対儲かると言う保証は何処にも存在しません。最終的には投資の仕方や技術的な問題(売り時買い時)で失敗する事も有ります。個人の判断ミスによる負債なんかは正規ルートで購入しようが誰も責任を取ってくれません。それが投資です。「投資」には本来危険が付きまとっているのです。又、FX、バイナリーオプション、株式、ファンドにても失敗する個人投資家は星の数ほどいます。大きな投資会社でも、証券会社でも個人投資家でも失敗したり倒産したりしている例は幾らでも存在します。皆さんもご存知だと思います。だからと言って私が紹介する投資サイトを正当化(斡旋)している訳では有りません。要するに全ては「個人責任」、「自己責任」と言う事になります。特に、個人でひっそりと行う場合はこの事を自覚した上で取り組みしないといけません。負債を被ったり突然のサイトの閉鎖に見舞われるかも知れませんが、消費者相談センターや役所の相談窓口、警察、弁護士の所へ相談に行っても、日本の法律で対処する事が出来ませんので、例え相談に乗ってもらっても解決には至りません。又、これらの投資は、特にそう言ったギャンブル的な危険要素をはらんでいる事で利益率(リターン幅)が非常に大きいともされています。そう言った種類の投資である事を先ず熟知しておかないといけません。

 今は未だその投資名、投資の種類はここでは明かすことが出来ませんが、本来それらの投資にはしっかりとした名前が付けられております。皆様も一度くらいはその名前を日本語名で知らず知らず聞かれた事が有るかも知れません。そしてこの様な仕組みの投資は、その殆どが海外の投資会社が行っております。私が紹介するような個人レベルで、しかもお小遣い程度の小額資金で取引が出来る投資サイトが多数存在する事は殆ど認知されていないと私は思っております。今現在日本国内でこの様な投資に参加されている方は海外の投資会社のサイトで直接取引をしている個人投資家(プレイヤー)か国内の正規の投資会社を代理店として取引をしている場合のどちらかに属します。そしてそこに無理な勧誘を行う違法投資アドバイザーの存在が見え隠れしている状況となります。又、最近ではこれらの投資が利益率が高いことから「ファンド」に組み込まれて販売されているケースも有るようです。

Vol. 17へ◀  ▶Vol.19 へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク


●「最後の審判」 Vol. 17

 私は、これ以上自前で調査・研究をして行く余裕が有りませんでしたので、すぐさま今回の件を一冊の本に纏めようと思い立ちました。実際、これなら売れると閃いたのです。本当は心の奥底では何処かの貪欲な情報業者同様にこの情報を高値で販売しようと考えておりました。最初は値段を10~20万円程度に吊り上げておいて、段々と値段を下げて行き最終的に五・六万円位で売れるのではないだろうか?と考えておりました。その位に貴重な情報に思えました。今まで私が購入して来た数多くの高額な情報商材と比べても全く引けを取らない情報でした。しかし、これまでもお話してきた様に情報と言うのは悪までもその情報を考案した人の主観であり、主観によって値段が決められています。例え一万円の情報でも、五万円もする高価な商材でも殆ど同じです。そして、中には高い金額を付けないと売れないと言う場合も有るかも知れません。もし、実際情報に「相場」と言うものが存在しているのであれば、それらの情報によって稼げる金額やその根拠、期間、人数、対象などがハッキリと精査されている事でしょう。しかし今現在、私がこの情報を使って稼げる金額を皆様に提示する事は出来ません。それは未だこの情報が未確認状態であるからです。今回私は、このブログのタイトルに「UFO Investment」と名前を付けておりますが、実はその名前の由来は「未確認の投資」と言う意味合いで付けています。「U=Unidentified F=Fundamental, O=Oportunity」と言う意味に受け取って下さい。詰まり紹介者である私が指し示す事が出来る実績データが存在しないのです。しかし、私には証明できる実績は無いものの実際に稼いでおられる方々が存在する証拠は掴んでおります。私は、日本国内でもこの様な投資を行っておられる方が実際存在するのかどうかを探る為又検索を続行しました。するとどの様な方々なのかははっきりとしませんでしたが、これら海外の投資についてブログで意見交換・情報交換をされているサイトを見つける事が出来ました。それによると、① 今現在、国内では殆ど知られていない。② 今年位には流行りだすんじゃ無いかな? ③ サイトを見極めて、しっかりとした計画(運用)で進めれば利益も確実 ④ 長期運用とリスクの分散が成功の鍵。⑤ 突然サイトが閉鎖になることが有る。こう言った意見をブログ内で述べておられました。これらの例は、その特徴を捉えた彼らのコメントを私がブログから掻い摘んだだけですが、突然サイトが無くなるのだけはもう二度と御免です。しかし、それと同時に私もホンの少しだけ肩の荷が降りた様な気がしました。何故なら私が見てきた多くのサイトで実績を出している方がおられるのが事実だと判ったからです。私が出合ったサイトと全く同じサイトかどうかは判りません、しかし海外の同種のサイトで実際に稼がれている方を確認出来たのは一つの成果で有りました。しかし、私はその後もドンドン検索を続けて行きました。そうすると投資の専門家らしき方のこの様なサイトに関する意見も載っておりました。かなり辛口の意見ではありましたが、この様な投資サイトを日本国内の投資アドバイザーが紹介する事の違法性について述べておられました。「これらのサイトの一部は日本国内での取引が法律では認められておらず、高額配当が簡単に得られると宣伝をする無責任な投資専門のアドバイザーの紹介で被害が増えて来ている。又この様な金融取引は日本の国内では認めていない為、被害が出た場合も法律的解決が無理(詰まり被害者の泣き寝入り)である。」との事でした。

 私も、この様な事実を最初に皆様に告白してしまえば、私が既に纏め上げた売れる筈の商材も売れなくなってしまうと大変後悔をしてしまいます。しかし、どうせ後で皆が気付く事実で有るならば、最初に教えて於いてあげたい、そして、教えておかなくてはいけないと考えました。勿論、知らなかったととぼけて続ける事は可能ではありますが、自分が一旦知ってしまった事実を隠し通して販売することは道義上出来ません。販売してからのクレームが絶えなくなります。しかも高値で販売したり、儲かると決め付けて販売すると後で取り返しの付かない結果が待っている筈です。それこそ住所を偽らなくてはなりません。どちらかと言えば検索し過ぎたのが間違いだったのかも知れませんが、皆様にはそう言う事実もある事を先ず知って於いて欲しかったのです。しかし、知ってしまった以上は今まで通り販売する事が出来なくなってしまうと言う正に板ばさみ状態です。実はもう商材は二週間前に出来上がってしまっているのです。出来上がってしまってからこう言う事実がある事が判ってまいりました。私もそれらの悪評を今更隠し通して販売する訳には行きません。ですから今大変悩んでおります。一体誰が私の作業時間を返してくれるのか?

Vol. 16へ◀   ▶Vol. 18へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク


●「最後の力」 Vol. 16

 一昨日、4月14日私のFacebookのページが突然 アカウント停止にさせられてしまいました。多分一方的に不特定多数の方に「友達申請」をしたからだと思います。私もFacebookを利用し始めて10日程しか経ってないので、何がどうなっているのか解らず慌てて別のアカウントを作ってしまいました。サイトも全く同じ様に似せて作りましたら「成りすまし行為=複製=他人の名前を語っている」と判断され、そちらのアカウントも今利用停止中です。ですから暫らくの間はブログ更新のお知らせは私のTwitterのページから行います。

Twitter

 以前お話した通りSix Dollar Clickのサイトが消滅してしまい、この四ヶ月間こつこつと積み上げて来た大きな夢と希望が瞬く間に散ってしまったように思いました。もう何度も経験している事なので、やっぱり自分の場合は何をやっても実現しない事だけは同じだな~と思いました。こっちの方が私に取っては普通だからです。大した問題では有りません。又神様の悪戯です。そして、これによって又明日からの行動が読めなくなりました。頭の中は真っ白になり虚脱感さえ感じます。この4ヶ月間、食事と睡眠、犬の散歩と買い物に出かける事以外はずうっとコンピューターの前で海外のサイトを眺め研究して来ました。それが白昼夢に終わってしまう以上は、又次の目標が必要になってしまいます。それに私は既に海外のWeb Bankアカウントで一度ハッキングに合いお金を抜き取られてしまいましたのでお金の掛かる事は一切出来る状況ではなくなりました。そんな切羽詰った状況では有りましたが以前から広告を見て知っていたのですが只の投資系のサイトだと思い余り気にも留めなかったサイトが有りました。現状のままではこれ以上海外のPTCやPTRの検証を続け、資金無しではこれ以上の成果を上げることが望めない現状では次の目標を捜さざるを得ません。その様な状況の下で或る投資系のサイトがやけに気になり出しました。今まで私が興味を抱いてきた海外のサイトは、① ワンクリックの額が非常に大きPTC、PTR、② 数ドル単位で参加出来きダウンラインが超爆発的に広がると言われていたMLM、③ Click Bank やClick Sureと言ったアメリカのASPを使ったアフィリエイトや情報販売、④ バイナリーオプション がその大方で有りました。そして地味に映った単なる投資系のサイトには見向きもしませんでした。多分何処にでもある堅苦しい会社がヤッテいる株式投資にしか見えなかったのです。大体、株式投資や国債、外国為替、ファンドなんて言うのは大きな投資資金を持っていないと利益が出ません。金持ちが更にお金を増やす為の手段にしか思えませんでした。私の様に資金も無いコネも無い人間に取っては興味の対象では有りませんでした。ところが私が目にしたサイトは、その表示金額がまたしても普通のリターン金額では有りません。ついこの前、PTCやPTRと言った海外の高額広告サイトに出会った時と同じ様に又新たな興奮を憶えてしまいました。「これこそが本当にお金を稼げるサイトであり不労所得なのかも知れない!」しかも、私が嫌いな堅苦しい(真面目な)投資会社が経営しているように見えました。しかし、逆にここなら絶対に利益が上がっても支払いを受けられる・・・と直感しました。インチキなネット系の騙しビジネスとは違うから利益が上がった場合でもしっかりと配当を受けられると感じました。そして、早速幾つか知っていたサイトの中から気に入った二つを選び出し最後に残ったなけなしの手持ち資金を投入して見ました。二件のサイトには私のLiberty Reserve と言うWeb Bankより資金を投入したんですが、しかし、何時までたってもそのサイトの画面上には私が投入した「入金金額」が表示されません。これは一体どう言う事なのか? その後、数時間経っても半日経っても、そして一日経っても私が投入した$70と$150が表示されませんでした。Liberty Reserve は業界では 一番決済の早いWeb Bank で通常はホンの数分、どんなに遅くても数十分と時間の掛からない決済銀行なんです、ところが全然画面に表示が上がりません。私はまたしても騙された直感にさいなまれ、慌てて自前の英語を駆使して苦情の手紙を書きました。二件共です。二件共同じ日では有りませんが二件共同じ手口で騙されてしまいました。そして、二件ともその後返事が返って来る事は有りませんでした。またしてもやってしまいました。落ちる人間はとことん何処までも落ちて行くんです、何処までも・・・。そしてLibberty Reserveには過去にハッキングに合った件や 今回の詐欺サイトに関する事も英語で苦情を書こうとしたんですが、又英語で書かないといけないのと、お問い合わせ欄が余りにも小さ過ぎた性で長い文章を記入する事が出来なかったんです。結局手紙も書く気が無くなってしまいました。しかし、今度はその様な投資の実態(現状)がどうしても知りたくなり、早速英語による検索を開始する事になりました。そうすると、私が資金を投入したサイトと関連したサイト情報がワンサカと出てきたのです。それは、私がここ過去4ヶ月の間に出合った投資関連のサイトの比では無く、それらを常に監視しているレビューサイトまでが根こそぎ芋ずる式に出てきたのです。そして、自分が騙されたサイトの名前をレビューサイト上の検索欄に入力して見ますと、それは何と危険を知らせる警告の意味で塗られた真っ赤な棒グラフで表示されておりました。他にも五つ星を使った五段階評価でレビューをしていたサイトも有りましたが、そんな最悪の投資サイトとは知らぬまままんまと引っ掛かってしまっていたんです。もし、最初からこの様なレビューサイトに出合って居たとしたらこんな惨めな失敗は避けられたかも知れませんでした。そのレビューサイトの中には多くの投資参加者が日常的に書き込んだ「各投資会社のレビュー(評価)」が誰にでも解り易く棒グラフや図柄で表示されておりました。

Vol. 15へ◀  ▶Vol. 17 へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク


●「振り返って」 Vol. 15

 確かに、私は今回も又惨敗したかの様に思えてなりません。去年の10月後半に「Six Dollar Click」と言う英語で書かれた海外のサイトに出会ってから約半年が経ちました。私はほぼ一日中パソコンの前で過ごして来ました。食事と買い物、犬の散歩に入浴、睡眠時間以外は、殆ど一日中パソコンの前で過ごして来ました。会社を辞めてからももう直ぐ二年が経過してしまいます。実のところ、私は昔からこんなにパソコンお宅では有りませんでした。20年以上運送会社で仕事をしておりましたので、「仕事」を建前にこんなに長く家の中で過ごした経験は有りませんでした。そしてこんなにネットビジネスが過酷なものかと言う事を始めて思い知らされました。確かに世間にはおられます、若くしてネットを使ってとんとん拍子に、しかも誰に手解きを受けたのか極短期間で生活レベルを飛躍させて行く方々が・・・。しかし、私の場合はこの数年間、いやこの何十年間そのような方々の才能とは何の縁もゆかりも無く細々と歯を食いしばりながらかろうじて生きて来ました。しかも少し経済的に楽な状態で有った時でさえ私の財産はまるで、何者かによって狙い撃ちをされているかの様に意図も簡単に奪い去られて行きました。全てを回りの性にしている訳では有りません。そこには虚弱な私自身が存在していただけで、全ては起こるべくして起こって仕舞っていたんです。

 ほんの4・5年前から、インターネットと言う厄介なものに興味を持ち、携帯端末での検索に始まり、電子書籍購入、パソコンでの在宅ビジネス・副業など、十年前からは思いも寄らない人生の展開が始まりました。もうもとの鞘(さや)には戻れません。或いはこちらが本当の鞘かも知れません。取り敢えずはこのまま突き進む方向しか考え付きません。まあ、はっきり言えばこれからの人生の道筋はまだ見えて無いのです。ネットビジネスとしての大きな収入の糸口と安定した稼ぎの大黒柱が確立した時点でネットビジネス開業と言う雄たけびを上げられるのだと考えています。しかし、何故か不思議と自信だけは有ります。それは確かに今までは失敗の連続でした。何をやっても、「自分だけが上手く行かない」、「自分だけが嫌われている」、「誰かが自分の邪魔をしている」、「世の中騙しばっかりだ」、「この貧乏神」、「疫病神」と世の中に落胆し自分をも卑下してきました。そして、この18ヶ月間、山あり谷あり、紆余曲折の茨の道を歩んで来ました。一時的には有頂天になった時もありますが、又その反対に落ち込んでふさぎ込む事もありました。パチンコ詐欺に引っ掛かった時には、開いた口が塞がりませんでした。「良くもこんなに堂々と人を騙しやがって」と他人を騙す事をビジネスとしてやっている暴力知能集団が、あたかも普通のビジネスマンの顔と声をしてこの世にはびこっている事に怒りを覚えました。頭から他人を騙す目的で計画的に他人のお金を自分の懐に入れる事を職業として行っている連中です。他人の弱みだけを餌にして生きているのです。ところがその考え方のレベルはもはや遥かにビジネスの領域を超えてしまっている詐欺集団です。そして、例えこちらが命カラガラでなけなしのお金で有っても奪うように持ち去ってしまう史上最悪、極悪非道、冷血無比な連中です。他人の不幸を踏み台にして生きている連中です。我々は同じ日本人の中にそのような血も涙も無い一部の連中が同居している事を決して忘れてはいけません。そう言う連中は、人間の血が通ってないので、殺人でも、詐欺でも何でも簡単にやってしまいます。顔色一つ変えないで人を騙すのでもはや人間の部類には属しません。もしかしたらこの世の生き物では無いかも知れません。たぶん病原菌なのでしょう。私はそう言う連中と徹底的に戦います。そして我々自身もそのような病原菌に感染しない様に努め無くてはなりません。

 又、周りの性にしてしまいました。実は、悪いのは騙す方だけじゃ無くて、騙されて来た私にも落ち度があったんです。騙され易い人間がいるから騙す人間が出てくるのかも知れないからです。私も過去の何処かで騙され易い人間に脱線してしまっていたんです。事ネットビジネスに限って言うと、騙したり騙されたりって事は往々にして有りますが、結局はネットビジネスの複雑さにその原因が有るようにも思えます。「複雑さ」と言ってしまえば又御幣があるかも知れませんが、要は混乱してしまっているのです。「ネットビジネスって何ですか?」って聞かれたら、その答えには必ずパソコン・携帯端末・インターネットが必要になりますが、今の世の中誰もがインターネットをしている状況です。家にいてもパソコン、電車の中でもスマートフォン、会社へ行っても何処へ行ってもパソコンがあります。たぶん日本国内だけでも、最低一千万台位のパソコンや携帯端末が一日中どの瞬間をとってもインターネットに繋がったままの状態になっているんじゃないかと考えてしまいます。これは勿論私の推測の数字ですが。つまり、少し違った見方をすればそれだけ多くの情報がインターネット上には溢れ返っている状態となります。情報商材に当てはめて言うと、同じ内容の情報が人を変え手段を変えてぐるぐると回っているだけのように感じる事が有ります。違う人が言っているので凄く新鮮に感じるのですが、中身を確認して見たら何処かで誰かが言っていた話と全く同じ場合が往々に有ります。少しは違ってたりするんですけれど話の焦点が同じなんです。確かに多くの方が常に新しい方法を模索しているんですが、在り来たりの方法が邪魔になって誰しもが捜し求めている「その人なりの目的の物」が探しにくくなっている様な気がします。これを自分自身に当てはめて見ると、私も一日中家にいるので一日中パソコンで色んな情報を物色しています。そして、色んな所(メルマガ)に申し込んでしまいます。すると結局、幾ら綺麗にホルダー分けをしていても自分の欲しかった情報がいつの間にか何処かへ埋もれてしまって中々出て来なくなって仕舞っています。そして、そのうちに情報を確認する事や申し込んだ事さえ忘れてしまっています。又、以前ASPで情報商材を買いあさっていた時には、同じセールスレターに久しぶりに出会ってしまった時に以前購入した事さえ忘れて二度買いしてしまった事も有ります。その時は一冊八千円でした(×2=16.000円)。この様な状況なので、自分自ら全ての墓穴を掘って仕舞っているように思える事も有ります。これは単なる馬鹿なのか、それとも経験不足なのか、それとも頭が混乱しているからなんでしょうか?皆さんも私の二の舞にならないように気を付けて下さい。

Vol. 14 へ◀  ▶Vol. 16 へ

Facebookへ
Twitterへ

スポンサードリンク